ごあいさつ

独立のきっかけ

「なにもこんな不景気のさなかに独立しなくても・・・」

私が独立を決心した当時のまわりの反応です。確かに時代は世界金融危機のさなか。顧客となりうる中小企業数は減少し、逆に税理士の数は年々増加してもはや飽和状態です。すでに軌道に乗っている事務所の職員のままでいれば、安定した生活を送れたかもしれません。独立してわざわざ自分や守るべき家族を窮地にさらすこともなかったのでしょうか。いいえ、私には独立すべき理由がありました。

会計事務所で働いて10年。法人・個人そして相続と、様々な業種でひと通りの業務を経験し、気がつけば後輩を指導していく立場になっていました。せんえつながら、お客さまからも一定の評価・信頼をいただけていたと思います。しかし、業務を通じてお客さまと接している中で、何かが足りないとも感じていました。あるときそれに気がついたのです。

「経営者の気持ちを実感していない」

そうなのです。お客さまの状況が良い時も悪い時も、数字の上からそうなのだろうと「思う」ことはできるのですが、「感じる」ことができていなかったのです。知識としては理解できていても、一職員としては給与所得者に過ぎません。実際に資金繰りにかけずりまわったり、売上の増減に一喜一憂したり、社員の士気を上げるために虚勢を張ったり、会社の舵取りで夜も眠れない日々が続いたり・・・そんな経験をしていなかったのです。

本当にお客さまの身になって考えることができるのは、お客さまと同じ経営者でなければなりません。お客さまとおなじ経験をしているからこそ共感することもできるし、腹を割って話をすることもできるのだと思います。

「私もひとりの経営者として、お客さまとともに歩んでみたい・・・」

それが私の独立のきっかけです。

税理士とは

私は、税理士とは、税務の専門家という本来の職務を行う一方で、お客さまからは実に様々な相談を受け、また本音で話すことができる存在だと思っています。経営者は孤独です。社員や家族に愚痴をこぼせるはずもなく、また知りたいことを気兼ねなく相談できる相手もそうあるものではありません。

「誰に聞いたらいいのかわからないから、とりあえず税理士さんに聞いてみよう」

この「とりあえず」で税理士が選ばれるのは、法の上での守秘義務があるからだけでなく、やはりお客さまから絶大なる「信頼」をいただけているからなのだと思います。

税理士として適正な納税を実現すること、つまり、お客さまが必要以上な税金を払わないようにするのは当然ですが、ただ税金を安くするだけの仕事にはやりがいを感じません。

お客さまと真摯に向き合い、信頼を築きあげ、お役に立てたことで「ありがとう」と言われたときの充足感は何物にも代えがたいものがあります。

「いつもそばにいてくれる」

と感じていただける。

そんなお客さまの相棒でありたいと思っています。

弥生会計

近年の急速なパソコンの普及・性能向上により、会計関連のソフトも値段・内容ともに敷居の低いものとなってきました。しかし、身近にありながらも専門知識を必要とするイメージの強い会計ソフトの導入に躊躇(ちゅうちょ)されているお客さまが多いのもまた事実です。

しかしながら、パソコン会計〜特に弥生会計は、簿記の知識がなくても簡単に入力することが可能であり、事務処理のスピード化・合理化さらには事務コストの削減を促進します。入力した取引データは、様々な集計を行って瞬時に出力することができるため、経営者は欲しいと思ったデータをその場で集計・確認することができます。弥生会計は経営判断の効率化にも資するものであります。私は、これまで蓄積してきた弥生会計のノウハウをお客さまにご紹介し、単なる帳簿データから経営のためのデータへとつなげていくことでお客さまのお役に立ちたいと思っています。

税理士 宮原 裕一

ページTOPへ

<< 代表者プロフィールへ

税理士宮原裕一のプロフィールへ

税理士 宮原 裕一
東京税理士会武蔵野支部所属
登録番号 113111

監修・著書

お問い合わせ先

宮原裕一税理士事務所

181-0013
東京都三鷹市
下連雀3-41-12-310
TEL:0422-24-8451
Fax:0422-24-8057
E-mail:info@ymtax.jp


HOME | サービス内容 | 事務所紹介 | サイトマップ | 注意事項 | お問い合わせ